自分でできるマツエクオフ 方法と注意点についてマツエク オフ 自分で

マツエクオフまとめ!マツエクのオフとリペア情報が満載!!
トップページ - マツエクオフをセルフ(自分)で♪ - 自分でできるマツエクオフ 方法と注意点について

自分でできるマツエクオフ 方法と注意点について


目を大きく見せたい、印象的に見せたい。
そういう願いからまつげエクステンション、マツエクをする女性が増えています。

そして、サロンで行なうよりも費用がかからない等の理由で自宅で行なう人も多くいます。

しかしせっかくつけたマツエクも、一定の期間が経過すると取れてくるので定期的なメンテナンスが必要になります。個人差はありますが1カ月に1回は行なうといいようです。


スポンサードリンク



抜けてしまったりした部分に付け直すことをリペア、全部外してしまうことをオフといいます。ここでは自分でオフする方法についてみてみましょう。

用意するものは専用のリム―バ―、医療用のテ―プ、綿棒。
リム―バ―はジェル状やクリ―ムタイプがありますが、オフする場合はクリ―ムタイプが適しています。

まず医療用のテ―プをまぶたの上に貼ります。

そしてマツエクを外したい部分をテ―プを使って持ち上げます。

そこにリムーバーを付けた綿棒でマツエクをつけた部分を軽くこすってなじませます。ポイントは力を入れすぎないことです。

一本ずつそれを繰り返していきます。リム―バ―が付いたマツエクは自然にはがれ落ちます。テ―プをはがして完了です。

ここからは注意したい点をいくつか挙げていきます。

まず無理矢理手で引っ張ってマツエクを外そうとすること。自分のまつ毛も抜けてしまうことがあります。

ごしごしこすったり、普通のクレンジング剤を使って外そうとするのも目にはよくありません。

また、リム―バ―を使うときは目に入ったり周りの皮膚に付いたりしないようにも気を付けてください。リム―バ―は通販で手に入りますが、専用の質の良いものを選ぶことも大切です。

それでも何らかのトラブルが発生する場合があります。万が一トラブルが発生した場合はすぐに病院に行って診察を受けてください。その時は医師に正直に経緯や状況を話してください。

このように自分で行なうゆえのデメリットもありますが、サロンに行く時間や費用を考えると自分の好きな時にできるというメリットも大きいです。

今回の点を参考にしながら、楽しいマツエクライフを過ごしてください。

スポンサードリンク




スポンサードリンク