マツエクオフでまつ毛が痛む?理由と対策マツエク オフ 痛む

マツエクオフまとめ!マツエクのオフとリペア情報が満載!!
トップページ - マツエクオフの基本 - マツエクオフでまつ毛が痛む?理由と対策

マツエクオフでまつ毛が痛む?理由と対策


まつ毛エクステンション(マツエク)をしてみたいけど、正直なところ色々と不安だ。という方もおられると思います。

不安の一つとして、「マツエクをするとまつ毛が痛むのではないか?」というものが挙げられます。

では実際のところ、マツエクをすると自分のまつ毛は痛むのでしょうか?

それを知るために、まずはまつ毛の構造について調べてみましょう。


スポンサードリンク



■まつ毛の構造を知ろう!■
実はまつ毛は髪の毛と同じく抜けたり生えたりするというサイクルがあり、発生期・成長期・退行期・休止期という段階を繰り返していきます。

抜ける本数は1日に1本から5本くらいと言われています。

加えて、つけまつげやまつげパーマ、マスカラなどでもまつ毛は痛みます。ですから一概に「マツエクでまつ毛が痛む」とは言えません。

しかし、痛む場合もあります。

例えば、自分のまつ毛に対して、太すぎたり、長すぎたり、といった風にサイズが合っていない場合は、まつ毛が痛む原因となり得ます。

また、マツエクをオフする(全て外してしまう)際にも、自分のまつ毛にダメージがかかる場合があるので注意が必要です。

■マツエクをオフする際に、まつ毛が痛む場合について■
オフの際に使うリムーバーという薬剤があります。これをマツエクに塗って軽くこすることで自然と外れてくるのですが、グルー(専用の接着剤)を溶かす強力なものなので、当然自分のまつ毛も、幾らかのダメージを受けます。

加えて、その際に無理に引っ張って外そうとすると、まつ毛が抜けたり切れてしまったりすることもあります。

■マツエクへのダメージを減らすことはできるの?■
リムーバーが影響しているのなら、オフする頻度を少なくすることができます。

状態にもよりますが、だいたいマツエクを付けてから1か月過ぎていれば、オフしても大きなダメージはないと言えます。ですが判断が難しいので、困ったときは専門のサロンで相談してみるのもよいでしょう。

また、髪の毛をケアするのと同じように、自分のまつ毛もケアすることも大切です。最近では専用の美容液なども販売されていますので、それを使うことができるでしょう。

自分のまつ毛を大切にしながら、マツエクライフを楽しむことができます。

スポンサードリンク




スポンサードリンク