マツエクのオフはどのタイミングで行なうのがいいの?マツエク オフ タイミング

マツエクオフまとめ!マツエクのオフとリペア情報が満載!!
トップページ - マツエクオフの基本 - マツエクのオフはどのタイミングで行なうのがいいの?

マツエクのオフはどのタイミングで行なうのがいいの?


まつ毛エクステンション(マツエク)を付けていく際に、同時に知っておくべき欠かせない知識として、「オフ(リムーブとも呼ばれます)」の知識があります。

マツエクのオフとは、簡単に言うと付けたマツエクを全て取り外してしまうことをいいます。

リムーバーという強力な薬剤を使用して外していくため、自分のまつ毛への負担を考えると、早くて1カ月に1度、長くても3か月か4カ月に1度のペースで行なうのが良いでしょう。


スポンサードリンク



ここまでの内容で、マツエクをオフする期間的なペースについては、ご理解いただけたと思います。

次に、マツエクの状態から、どのタイミングでオフを行なうのがよいのか?ということについて解説します。

■マツエクをオフするタイミングは?状態から判別■
マツエクは、付ける際にグルーと呼ばれる専用の接着剤を使います。個人差やグルーの質によっても変わってきますが、だいたいマツエクを付けて1日から3日でグルーは完全に固まります。

自分のまつ毛にマツエクがくっついた状態がしばらくの間持続することを考えると、グルーはかなり強力な接着剤だといえるでしょう。

しかし、いくら強力な接着剤とはいえ、効果は半永久的なものではありません。

これも様々な要因が関係してくるのですが、だいたい3週間から1か月を過ぎるとマツエクが自然と取れかかってきます。これがメンテナンスのタイミングです。

一時的に付けていた場合、この「1か月を過ぎた時点」でオフすることができるでしょう。

長期的に付けている場合、「1か月過ぎた時点」では取れかかっている箇所だけ外して付け替える(リペアと言います)だけでよいかもしれません。そして付け始めてから3か月ないし4か月経った時にオフを行なう、というペースでよいでしょう。

強力な接着剤を溶かすには、やはり強力な薬剤を使用するため、必要以上に頻繁に行なうなら、自分のまつ毛にかかるダメージが大きくなってしまいます。

自分でメンテナンスのタイミングが分からない場合や、自分ではオフできない場合には、専門のサロンに相談してオフしてもらうのがベストでしょう。

自分のまつ毛のためにも、適切なタイミングでメンテナンスをしていきましょう。


スポンサードリンク




スポンサードリンク